JCD・一般社団法人 日本商環境デザイン協会 四国支部 Japan Commercial environmental Design association

JCDについて

JCDは都市社会のコミュニケーションならびに商業活動にかかわる施設・環境計画及び設計技術の向上を図り、もって商業環境の質的充実と生活文化の発展に寄与することを目的としています。

一般社団法人 日本商環境デザイン協会 概念

■ 商環境の意義と必然を探る

都市環境が形成されていく過程において、商環境は、一人一人の生活原理を支える領域として、その社会的な意義は大きいことになります。人の能動的な生活行動にかかわる商環境は、今日、都市社会の急速な変化のもとで、人が本来、持つべき環境としての役割が増大しています。一つの小さな店舗であっても、当然、それ自体で完結するものではなく、それがかかわる環境への影響を無視することはできません。まして大型施設,商業街区となれば、環境へ与える影響への配慮が前提になってくるわけです。
環境が形成されていく長い時間軸の営みについて、私たちの活動が、そこにどうかかわりを持つかは、計画の多元的な意味と複雑な諸条件のなかでは、当然、個々の問題として残 されてきます。 しかし、私たちの職能の一つ一つの小さな作業は、あたかも街角の一本一本の小さな樹木の生育を見守るがごとく見つめていかなければならないし、また評価を受けねばならない=のです。

JCDとは創造と保持のしくみである JCDは都市社会のコミュニケーションならびに商業活動にかかわる施設・環境計 画及び設計技術 の向上を図り、もって商業環境の質的充実と生活文化の発展に寄与することを目的としています。

■活動コンセプトは「JCD進化論」

■ デザイン賞及び公開審査の開催

本賞は、物販店や飲食店など商業施設を中心に、前年度中に完工した施設を対象に授与をしています。目的は「デザインが人間、社会、自然といった大きな要素を総合的 に考える文化技術であることを確認し、デザイナー自らがその総合性を探求する場」として商環境デザイン界に位置づけをしています。

■ コミュニケーション紙

会員向け広報機能の一環として会や委員会の活動を必要に応じて年間、4~5回 発行しながら紙面上で交流を果たしています。

■ デザイン年鑑

デザイン賞入選作品以上のなかから新たに選別をし、年鑑として毎年、発刊を続 けています。

■ 国際デザイン会議

本会議は、海外関係団体等との交流や、商環境にかかわる国際活動を目的にしています。その中でもAPSDA幹事団体(アジア・太平洋商環境会議)として2年に1回、 参加国持ち回りでの開催地で、デザインと人の交流を大切にしながら催しています。

■ ホームページ

正会員名簿を中心にしたリアルタイムの情報媒体として発行しています。

■ クリッピングニュースの発刊

IT活動の一環として月に2,3回程度、会員に役立つクリッピング情報を専門誌 20~30誌 のなかから選び配信をし、会員の情報源の一端を担っています。

■ 塾の開催

3ヶ月に2回、塾を開催し内外を問わず、20から60歳代と幅広い塾生のもとで和気あいあいとした交流の機会を設け、新たなデザインの発見の場として位置づけています。

■ シンポジウム及びセミナー

年間30回以上のシンポジウムやセミナーを支部も含めて積極的に展開をし、常に商環境 デザインの本質を捉え、時代の潮流を追い続けています。

■ JAPAN SHOPの参加

出展参加としてデザイン賞展を毎年行い同時にデザインセミナーを企画開催して います。

■ 業務報酬基準書の発行

職能を基準にした業務報酬基準書を発表し、社会的役割を担っています。

■ 各支部の活動

シンポジウム、セミナーそして、デザインキャンプ等の開催を通して地域社会における業界の役割と発展に寄与しています。

■ 国際デザイン活動を可能にした全国のネットワーク

JCDの活動は、本部委員会と支部委員会で推進しています。本部委員会では広域活動を通してデザインとテクノロジーの向上をJCDデザイン賞、国際交流、シンポジウム等を媒体にして啓蒙活動を行っています。支部委員会では、会員間交流や他団体との協調を常に捉え多面的な活動を実施しています。

■ JCDの緊張感はこここにある

この3年間にJCDは、140人の会員が入れ代わり世代交代をしてきました。そして今も新会員が増え続けています。この躍動の源は類のない商環境にかかわる専門家集団によるものです。 専門家は大きくプロデューサー、ディレクター、デザイナー、コンサルタントに分 類することができます。540人からなるこの頭脳集団は日本の社会において特異な存在として位置づけることができ、いち企業では果たし得ない一流のクリエーション集団として各方面から高く 評価を受けています。 私たちJCDはこの集団の重みを自覚し、緊張感として捉え、商環境を通して、デ ザインを通して広く社会に役立つ活動を捉え続けています。

正会員の有資格状況
  • ● インテリアプランナー 109 名
  • ● 商業施設士 86 名
  • ● 一級建築士 73 名
  • ● 二級建築士 41 名
  • ● 再開発コーディネーター 12 名
  • ● 中小企業事業団指導員 8 名
  • ● 中小企業診断士 3 名
  • ● 一級施工管理技士 5 名
  • ● 二級施工管理技士 8 名
  • ● その他の有資格者 61 名

■ 一般社団法人 日本商環境デザイン協会 四国支部


申込書ダウンロード

  • 正会員と賛助会員の入会申込書のPDFファイルがダウンロードできます。
    下記のPDFのサムネールをクリックすると、それぞれのデータが貴方のPCにダウンロードされますので保存して開いて下さい。 各々プリントアウトしてご使用してください。
  • 正会員入会申込書
  • 賛助会員入会申込書