JCD・一般社団法人 日本商環境デザイン協会 四国支部

SHIKOKUデザインフュージョン2019報告

4月6日・7日サンポートホール高松、市民ギャラリー&コミュニケーションプラザにて、JCD,SDA、KDA、JIA4団体共催、第4回デザインイベント、SHIKOKUデザインフュージョンが無事開催されました。

各団体のパネル展示、賛助企業紹介、そしてアメリカとNYに関わる、アーティスト5、猪熊弦一郎、イサムノグチ、流政之、ジョージ中島、川島猛、延3時間の記録映像紹介、
15:30分からは、学芸員田口慶太氏、学芸員中條亜希子氏、NPO法人アーキペラゴ理事長三井文博氏3名によるトークセッション、アーティスト5の人と人のつながり歴史、さぬきの地との関係エピソード、作品説明等々、川島先生巻き込んであまりにもネタが多く内容が濃いため時間がオーバーし、客席が足らず立ち見客まで出てしまいましたが皆さん聞き入っていただけました。

18:00より川島先生ご夫妻を招き、ミケイラサンセットテラスにて夕日をバックに山本なつき・小山寛治フェリア―ドによるボサノバ演奏、沈みゆく夕日に曲を合わせて、にくい演出までしていただき、ラストはニューヨークを意識してムーンリバー、素敵な時空間になりました。

参加協力していただけました皆様には大変お疲れさまでした。
簡単ですが報告といたします。

2019年4月7日
記/四国支部長・長尾勝彦


記事リスト