JCD・一般社団法人 日本商環境デザイン協会 四国支部

JCD四国+(株)遠藤照明 大阪ライティングツアー報告

2月22日、(株)遠藤照明様企画の、テクニカルセンターLED中央研究所、大阪ショールームへチャーターバスで案内していただけました。最初の見学施設LED中央研究所は「高付加価値空間」の実現を目指し、企画開発、各種試験検査を行うところで、配光測定、全光束測定システム、温度上昇試験、振動試験、ノイズ試験、環境試験、電波試験、HALT試験等々、独自の光学設計により高レベルで開発しているのには驚かされます。

ランチは大阪城公園へ、久しぶりに見る大阪城天守閣、その隣に昨年オープンしました話題のMIRAIZAOSAKA-JO2階のイタリアンCrossfieldにて会食、ミライザは戦前に旧第4師団司令部として建てられその後博物館から昨年商業施設へと歴史があり古い建物をうまく活用したクラシカルな空間です、ワインもいただきいい感じに、公園散歩で屋台のたこ焼きも食べ大阪満喫です。

その後、西日本最大の油圧シースルーEVのある大阪ショールームへ「人と地球にやさしい未来の光=エシカルライティング」数値で表せない人の心理や身体への影響、光環境、照明手法、光の質、照明シミュレーションなどのミニセミナーを受け、各フロアーごとの照明空間マネージメントの各説明をしていただけました。また4月からは今までのアビタが新しくABITAGEとして発表されます。意匠照明、インテリア家具、ガラス製品などコスト的にも扱いやすく6月に展示会が開催されるそうです、いい感じのデザインで商品構成もうまく楽しみです。

今回、企画を立て案内をしていただけました、伊藤所長、担当の高澤様、大阪のスタッフの皆様、ありがとうございました心よりお礼申し上げます。
また参加してくれました会員の皆様お疲れさまでした、以上報告とさせていただきます。

2018年2月23日
記/四国支部長・長尾勝彦

記事リスト