JCD・一般社団法人 日本商環境デザイン協会 四国支部 Japan Commercial environmental Design association

JCD四国支部10月例会+おかげ様で100周年TOTOセミナーパーティ報告

日時:10月13日
場所:サンポートマリータイム・アゼリアにて18:00~ 10月例会18:30~

おかげ様で100周年TOTOセミナーパーティ出席者22名にて無事開催されました。例会は新賛助会員、新支部会員になっていただけそうな4名の方々のご紹介、10月から来年5月東京総会までのスケジュール説明、11月3,4日の川島猛アートファクトリー公開アトリエご案内、JCDパンフレット配布、今後の活動の確認をいたしました。

「おかげ様で100周年TOTOセミナーパーティ」賛助会員山本様の乾杯挨拶にて、TOTO斎藤様が、手間と時間をかけ組み立ててきました。セミナーのオープニングアタックスタートです。BACK TO THE PAST TOTO100YERRS、バックミュージックはバック・ツユ・ザ・フューチャーです。1917年大正6年、東洋陶器(株)設立から2017年までの歴史。

1部は古島様より挨拶と会社説明、国内ショールーム100ケ所、支店13ケ所、生産拠点21ケ所、海外拠点世界18ヶ国32拠点、特に中国大陸での成長、事業セグメント別の売り上げ6000億近い会社概要を受け改めて事業内容が理解できました。

2部はプレゼンター黒田様より映像による衛生陶器工場見学、TOTOの歴史&衛生陶器ができるまで「ものつくりの裏側に迫る」まず原料の採取に始まり、調整、樹脂型加圧成型、石膏型成型に分かれていること,陶石、長石、粘土を混ぜて泥しようを作り流し込み、排泥を行い厳しい検査後、施釉、トンネル窯で焼成、厳しい漏気検査、内視鏡検査、洗浄検査、髪の毛より細いひび割れ検査に音で聞き分ける検査、知らないことだらけで一つ一つの製品に対する真面目に頑張る姿は今後100年を支え、心を打つものが感じました。

3部は斎藤様より2017年3月ドイツ、フランクフルト国際見本市出展TOTO,CERAの2017Trend Seminar ISH&Hotelについてキーワードごとの説明を受けました、「個」のライフスタイルに寄り添ったバスルーム、「水廻り」イメージからの脱却、(ハード・クール)(繊細・洗練)、バスタブからシャワーへの時代シフト、インテリア×水廻りデザインの進化論

ベッセル式洗面器、水栓ZL,GA,GR,GOシリーズにしても、どこまでも美しい水まわりを目指しているTOTOの商品を使える嬉しさを感じました。

今回、パーティスタイルのお酒をいただきながらの企業セミナーに、ご理解をいただき皆様に感謝申し上げます、今後も企業だけではできない、JCDだけでもできないスタイルを作っていきたいと思います。以上簡単ですが報告とさせていただきます。

2017年10月15日

記/四国支部長・長尾勝彦

記事リスト