JCD・一般社団法人 日本商環境デザイン協会 四国支部 Japan Commercial environmental Design association

JCD 28年度 第1回 理事会開催報告

3月18日、東京本部事務局にて、理事定数23名中、出席総数21名の理事(支部長)にて下記議案が理事会で検討され決議されました。

■第1号議案、29年度事業計画に関する検討
まず理事長の基本方針
全体主要事業計画の検討
デザイン賞委員会からはJCDデザインアワード2017の全体の流れ説明
Soda事業委員会からは今までの活動をまとめた本の出版について
シンポジウム委員会からは、SEKUSION59の開催説明
広報委員長会からはクールジャパン空間版立ち上げ
香港「merci」との協力体制
JCDのメディアとしての検証開始等
国際委員会からはASPUDへの正式参加
イーストギャザリングについて
賛助委員会からはJCD Prodact of the yeor2017実施の説明
また今期から空間委員会と交流委員会が発足し、全国各支部長から29年度事業計画の報告が行われました。

■第2号議案、28年度収支予算書に関する説明が検討されました。

■第3号議案、特別功労賞、支部功労賞推薦が検討されました。

協議事項として各事業部委員会の運営について、会員増強について、そして各支部長から28年度事業報告の報告説明を行いました。
ラストは山里沖縄支部長より、29年度定時総会IN沖縄について、スケジュール、オプション、懇親会についての案内があり盛り上がりました。

4時間以上かかる会義、かなり疲れましたがJCDという組織が国際的に前向きな考え発想を持ちなんとか実行しようという意識の強さ、会員増強の大切さをしみじみと感じました。以上簡単ですが報告とさせていただきます。

記 2017年3月19日 JCD四国支部長・長尾勝彦


記事リスト