JCD・一般社団法人 日本商環境デザイン協会 四国支部 Japan Commercial environmental Design association

広野牧場プロデュース
森のピッツェリアVACCA

Concept

「ファームビジネスにおける六次産業の創造」広野牧場は生産者の顔が見える商品へのニーズに対応すべく大規模酪農経営を中心に、酪農教育ファーム、いちご観光農園、森のジェラテリアMUCCA2店舗、今回森のピッツェリアVACCA、チーズ工房といった消費者と接する各部門との連携で相乗効果を上げ、地域に生きる六次産業化の未来を感じさせます。

VACCAは築100年近く前の牛舎(納屋)を六次産業化補助事業として全面改修、スクラップ&ビルドから時代はストック(今あるもの)活用への移行、古い納屋にどう価値と魅力その姿をどう残すか、小屋組など古き良き素材はそのままの姿で再利用、また耐力壁の白い壁と既存空間に対比させることでコントラストをつけエレガント感を表現、デザイン的には空間全体をシックアースな素材感で彩度感を抑え、pizza窯をポイントカラーと考え、商品イメージと空間を合わせるためにスパニッシュイタリアンの要素と昔の農家的要素を組み合わせています。

牧場で生産された生乳を熟成させジェラード、チーズに加工して薪のpizza窯で焼いて販売と、これからのファームビジネスの良さ楽しさを感じてもらえるように、また幅広い集客効果に期待「地方に生き」「地方を変える」取り組みの大切さを感じます。


事業主
有限会社広野牧場
設計監理
長尾勝彦+デザインオフィス
施工
株式会社石塚工務店
営業内容
乳製品製造販売(pizza、チーズ等)
場所
香川県三木町上高岡1613
床面積
改修137㎡ 新築45㎡・延べ182㎡
構造
森のピッツェリアVACCA(古民家再生)・チーズ工房(木造新築)
工期
2016年10月~2017年2月末(オープン4月27日)

記事リスト